内視鏡検査が可能になりました!
2015-06-13 Sat 16:48
梅雨に入りましたがいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、サルビア犬猫クリニックです。

当クリニックでは、6月から内視鏡検査を実施できるようになりました!


内視鏡は人間の医療では健康診断や人間ドックでの胃カメラ、大腸カメラという名前の方が有名かもしれません。

メスをいれることなく食道、胃、腸を内側から観察、またその粘膜を一部採取して検査することができる嘔吐、下痢などの消化器疾患の原因診断に非常に有効な検査方法です。

レントゲン検査ではうつらない粘膜の異常や狭窄、閉塞している箇所を確認することが可能です。

原因不明の下痢が下痢止めのお薬をのんでも止まらないというコがいらっしゃったのでを内視鏡検査をしてみると、

通常は



内視鏡1



な感じににみえる腸粘膜が、



内視鏡2



こんなクレーター状になっていたこともあります。内視鏡検査で採取した粘膜組織を病理検査にだすことで、きちんと診断して治療へとつなげていくことが可能になります。



また人間では少ないですが、ワンちゃん、ネコちゃんで多いのが異物の誤飲です。

おもちゃを飲みこんでしまった、目を離したすきに焼き鳥を串ごと食べてしまった、などということが少なからずあります。

レントゲン検査でうつらない異物を確認することやその異物自体を内視鏡の先端からだすことのできる器具で掴んで切らずに取り出すこともできます!

その他、何らかの理由でご飯を食べられなくなった場合に胃に直接チューブを設置する時や空気の通りが悪くて呼吸が苦しそうなんて時にも使用することがあります。


☆嘔吐、下痢が治らない
☆食べてはいけないものを食べてしまった
☆食欲はあるのだけど体重がへってきた


そんな症状でお困りの方は
内視鏡検査がお役に立つ場合がありますので当クリニックまでご相談ください。


---
(再掲)臨時休診のおしらせ

院長不在のため、

・6月27日(土) 午後
 午前の診療は通常通り行います。


その他の日は通常通り診察を行います。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | 病院的なおはなし | ∧top under∨
| Luceのひとりごと |