スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top under∨
2015-06-21 Sun 11:33
今朝は雨と雷がすごかったですね 今はすっかり弱まってきましたが、出勤時はかなり近くで鳴っていたので、駆け足で向いました

普段家の中にいるときは雷光を見て『キレイだな~』と平気なのですが、傘を差しながら歩いている時は非常にビクビクするものですね

ちょっと気になったので雷について調べてみました。

雷の発生原理は研究が続けられており、まだ正確には解明されていないそうです
大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって,光と音を発生する自然現象です。
基本的な原理はざっくりいうと静電気の放電です。

これはみなさんもご存じかと思いますが、雷は、雷雲の位置次第で、海面、平野、山岳などところを選ばずに落ちます。近くに高いものがあると、これを通って落ちる傾向があります。グランドやゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、山頂や尾根などの高いところなどでは、人に落雷しやすくなります。
高い木は落雷の可能性が非常に高いと言われています。高い木のそばにいると、木の幹や枝から落雷による高電流が人へ飛び移る恐れがあります。高い木からは離れて、すぐに安全な場所に避難することが重要です。

また、家の中でも雷の電流は水道の蛇口や電気器具などを伝わって流れてくることがあり、こうした物を落雷時に触っていると感電してやけどをしたり、死亡することもあります。

安全な場所といえるのは自動車や飛行機、電車、バスなどの乗り物で、それは金属で囲われた物の中に入らずに、電流は金属を伝わって大地に流れこむためだそうです。
建物内などに直ちに避難することができない、あるいはそれが予想される場所に出かけるときには天気予報に十分注意して、黒い雲の接近・雷鳴・急な冷たい風などが発生した場合には屋内に逃げることが一番の回避です。


これから山や海などに出かける機会も多いとおもいますが、突然の天候の変化が起こりやすい時期でもあるので、気を付けてくださいね。

長々と簡単な説明ですが雷について話してしましました…
次回は病気のこともお話させていただきます!

---
(再掲)臨時休診のおしらせ

院長不在のため、

・6月27日(土) 午後
 午前の診療は通常通り行います。


その他の日は通常通り診察を行います。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | スタッフのつぶやき | ∧top under∨
内視鏡検査が可能になりました!
2015-06-13 Sat 16:48
梅雨に入りましたがいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、サルビア犬猫クリニックです。

当クリニックでは、6月から内視鏡検査を実施できるようになりました!


内視鏡は人間の医療では健康診断や人間ドックでの胃カメラ、大腸カメラという名前の方が有名かもしれません。

メスをいれることなく食道、胃、腸を内側から観察、またその粘膜を一部採取して検査することができる嘔吐、下痢などの消化器疾患の原因診断に非常に有効な検査方法です。

レントゲン検査ではうつらない粘膜の異常や狭窄、閉塞している箇所を確認することが可能です。

原因不明の下痢が下痢止めのお薬をのんでも止まらないというコがいらっしゃったのでを内視鏡検査をしてみると、

通常は



内視鏡1



な感じににみえる腸粘膜が、



内視鏡2



こんなクレーター状になっていたこともあります。内視鏡検査で採取した粘膜組織を病理検査にだすことで、きちんと診断して治療へとつなげていくことが可能になります。



また人間では少ないですが、ワンちゃん、ネコちゃんで多いのが異物の誤飲です。

おもちゃを飲みこんでしまった、目を離したすきに焼き鳥を串ごと食べてしまった、などということが少なからずあります。

レントゲン検査でうつらない異物を確認することやその異物自体を内視鏡の先端からだすことのできる器具で掴んで切らずに取り出すこともできます!

その他、何らかの理由でご飯を食べられなくなった場合に胃に直接チューブを設置する時や空気の通りが悪くて呼吸が苦しそうなんて時にも使用することがあります。


☆嘔吐、下痢が治らない
☆食べてはいけないものを食べてしまった
☆食欲はあるのだけど体重がへってきた


そんな症状でお困りの方は
内視鏡検査がお役に立つ場合がありますので当クリニックまでご相談ください。


---
(再掲)臨時休診のおしらせ

院長不在のため、

・6月27日(土) 午後
 午前の診療は通常通り行います。


その他の日は通常通り診察を行います。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
別窓 | 病院的なおはなし | ∧top under∨
フィラリア症について
2015-06-01 Mon 10:52
こんにちは 
スタッフの大竹と申します。

最近、本当に暑くなってきましたね。
暑さにめっぽう弱い私には辛い時期です。そして蚊も発生しています!

蚊に刺されやすいといわれるo型であり、以前刺された箇所が尋常じゃないくらい腫れた
経験のある私にとってこれからの季節は、いかに刺されないようにするかの戦いの時期であります

蚊の話題が出たところで、
すでに予防を開始されている方もいらっしゃると思いますが、ワンちゃんやネコちゃんにとって危険なフィラリア症についてお話しさせていただきます。

★フィラリアとは?
別名:犬糸状虫と呼ばれる蚊が媒介する寄生虫です。 
フィラリア成虫はそうめんのような細く長い姿をしていて、感染すると心臓や肺動脈に
寄生し、心臓病、肝臓病、腎臓病など様々な病気を引き起こします。
また感染してもすぐに症状が出ないため、症状が出た時にはすでに重度に
なっていたり、死に至る可能性の高い恐ろしい病気です。

フィラリア成虫は犬の体内で幼虫(ミクロフィラリア)を産みます。フィラリアに感染した犬の血を蚊が吸うと、蚊の体内でミクロフィラリアが成長し、感染能力のある幼虫に成長します。その感染幼虫を体内にもった蚊が別の犬を刺した時、犬の体内に入って感染します。
犬の体内に入った感染幼虫は約3ヶ月間は皮下や筋肉の中で成長します。
その後、血液の流れに乗って心臓に向かい、心臓や肺動脈に住みついて成虫になります。
そこでミクロフィラリアを産み、ミクロフィラリアは犬の全身の血液を流れながら蚊に吸われる機会を待ちます。
このように、蚊と犬の体内をグルグルと巡回する感染サイクルが出来ます。

フィラリア症はワンちゃんだけではなく、実はネコちゃんもかかりうる病気です。
感染経路は同じですが、かかるとネコちゃんの方がひどくなる場合が多く、
しつこい咳、嘔吐、呼吸困難を起こし、急速に衰弱して死に至ることもあります。


感染を防ぐためには予防薬を投与することです。予防薬には錠剤・おやつ感覚で与えらえるチュアブルなど飲ませるタイプ、薬が苦手な子には首に滴下するスポットタイプ、投与し忘れがない年1、2回の注射タイプの3つがあります。
ネコちゃんには首に滴下するタイプのお薬があります。

どの方法がワンちゃんに合っているのか迷われている方はぜひご相談ください!


フィラリア予防は蚊の活動期間内だけ薬を投与すればいいのではなく、
蚊の活動開始1ヵ月後から蚊の活動終了1ヵ月後までが投薬期間です。
最後の投薬をきちんとしなければそのシーズンの投薬がすべて無駄になります。
シーズン最後の投薬がいちばん大切です

長くなってしまいましたが、大切なご家族であるワンちゃん・ネコちゃんのためにも確実にフィラリアの予防をしましょう


別窓 | スタッフのつぶやき | ∧top under∨
| Luceのひとりごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。